横浜市青葉区 循環器内科 リウマチ科 小児科 皮膚科 禁煙外来 睡眠時無呼吸症候群 地域医療を支えるクリニックです

MENU

たちばな台日記 〜スタッフブログ〜

ブログ委員会

安全に食べるための食支援(KTバランスチャート)

管理栄養士の南です。

前回に引き続き小山珠美先生の研修会のお話です。

 

今回はKTバランスチャートについてご紹介させていただきます。

 

KTバランスチャート

看護師の小山珠美先生が長年の実臨床で養った、食べる支援に必要な要素を専門家でなくても評価でき、ケアに生かせるように開発されたツールです。

 

「食べたい」と願っている方にどのようにケアしたら「食べる力が改善していくのか」という視点に立って作られました。

 

①食べる意欲

②全身状態

③呼吸状態

④口腔状態

⑤認知機能

⑥咀嚼・送り込み

⑦嚥下

⑧姿勢・耐久性

⑨食事動作

⑩活動

⑪摂食状況レベル

⑫食物形態

⑬栄養

 

の13項目をそれぞれ1~5点で評価しレーダーチャートにして「強み」「弱み」を可視化することでわかりやすくすることができます。

 

ホームページ上から詳細が閲覧できますので、ぜひ「KTバランスチャート」を一度検索

してみて下さい。

 

 

私が初めてKTバランスチャートを学んだのは、まだ当院に入院病床がある頃でした。

咀嚼嚥下機能に障害のある患者様も多くいらっしゃいましたが、当院には言語聴覚士がおらず、またVF(嚥下造影検査)やVE(嚥下内視鏡検査)などの設備もありませんでしたので、安全な食事の提供について悩むことも多くありました。

 

KTバランスチャートを知って、まずは自分が習得し院内に広めていこう!と思った矢先の入院病棟閉鎖でした…。

 

 

現在、担当している患者様にKTバランスチャートが必要と思われる患者様はいらっしゃらないので、実臨床での出番はないのですが、必要な時期が来たら使いこなせるよう準備をしておきたいと思います。

 

 

最近、患者様とのお話の中で「終活」という言葉も度々聞かれるようになりました。

人は誰でもいつか食べることが難しくなります。

 

もちろん「食べる」ためにできる支援もたくさんありますが、「お食い締め」という言葉も登場し、「栄養の選択」についてのお話もさせていただいております。

 

人生の最期まで寄り添える管理栄養士になれるよう包括的視点から食支援を行うことが私の目標です。

 

以上研修報告でした。

今月は研修月間!しかも、摂食嚥下に関する内容が続きます。時代の流れに遅れない様学んでいきたいと思います。

雇用時健診に関するご案内

管理栄養士の南です。

 

雇用時健診のお問い合わせが増えてまいりましたので、ご案内させていただきます。

ホームページに掲載している内容と一部異なりますのでこちらをご確認下さい。

 

 

*ご予約からご受診の流れ*

 

お電話または直接ご来院でのご予約をお願いします。

※内容確認が必要なためインターネットでのご予約はできません。

 

②健診項目をファックスまたは直接ご来院いただき書面で確認させていただきます。

 

③健診当日は朝食を摂らずに来院下さい。(血液、尿検査のある方)

 

※結果につきましては1週間後以降からのお渡しとなります。

(年末年始や大型連休時はもう少しお時間がかかることもございます)

※健診内容によっては結果を当日お渡しできるものもあります。

※混雑する時期もございますのでお時間にゆとりを持ってご予約下さい。

 

 

<ホームページに掲載しております健診内容に一部漏れがございます>

一般的な雇用時健診内容は以下の通りとなります。

 

①既往歴及び業務歴の調査

②自覚症状及び他覚症状の有無の検査

③身長、体重、腹囲、視力及び聴力の検査

※聴力につきましてはオージオ検査または会話法のご指定をお願いします。

④胸部X線検査

⑤血圧の測定

⑥貧血検査(赤血球数、血色素量、ヘマトクリット値)

⑦肝機能検査(GOT、GPT、γ―GTP)

⑧血中脂質検査(LDLコレステロール、HDLコレステロール、中性脂肪)

⑨血糖検査(指定の無い場合は空腹時血糖値を測定します

⑩尿検査(尿糖、尿蛋白)

⑪心電図検査

※ホームページ上では心電図検査が漏れておりますが実施可能です。

 

特定健診お早目に!

 

 

管理栄養士の南です。

新年あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い致します。

 

お正月明けの今週は、栄養指導の際にお正月のお話をさせていただく機会も多くあります。

私はお正月に夫の祖母の百寿のお祝いをしました。(1月7日でめでたく100歳!)

ひ孫10人と撮った写真をみて、いのちの繋がりについて改めて感じた年明けになりました。

 

 

さて、年が明けると少しずつ新年度に向けて動きがでてきます。

当院でも新年度に向けての雇い入れ健診のご予約が増えてまいりました。

 

横浜市で実施しております特定健康診査の受診期限は3月末となっております。

例年、3月は大変混み合い、心苦しくもご予約をお断りさせていただくこともございます。

 

↑↑

今年度の特定健診をまだ受けていない方へ、横浜市よりこちらのはがきが郵送されている

そうです。(画像は横浜市ホームページより)

現在国を挙げて特定健診の受診率向上に取り組んでおります。

費用は無料となっておりますので年に一度ご受診下さい。

 

 

 

当院では現在健診枠にゆとりがございますので、今年の健診をまだお受けでない方は2020年の

スタートにご自身の健康状態について確認されてみてはいかがでしょうか?

 

健診は、ご予約制で実施しています。

電話:045-961-7835  または 受付窓口 までお気軽にお問い合わせください。

 

※受診券は昨年5月下旬頃にご自宅へ郵送されています。紛失された場合は再発行可能です

のでお住まいの区へお問い合わせ下さい。

研修報告(糖病病)①

管理栄養士の南です。

先日、第4回横浜北部・糖尿病療養支援を考える会に参加してきました。
縁あって、こちらには第1回から欠かさず参加させていただいております。

 

◎インスリン自己注射器に触ってみよう◎
普段管理栄養士はあまり触れないインスリン自己注射器を実際に触ってみる事が出来ました。
消毒して、針をつけて、2単位に合わせ空打ちして、指示単位を合わせて、自己注射。針を外して片付けて…。その前にまず血糖測定もされる方はさらにそちらの手技も。。

毎日数回…と思うと改めて大変!というのが率直な感想でした。

 

◎糖尿病食事療法のパラダイムシフト◎
ロカボで有名な山田 悟先生。
緩やかな糖質制限を掲げ、日本糖尿病学会が推奨する食事療法に異を唱える先生の講演、日頃患者様より糖質制限について聞かれる事も多いため大変楽しみにしていました。

同じ事を思った管理栄養士が多かったのでしょうか?会場には管理栄養士仲間がたくさん!!。

 

書籍などでロカボについて軽く学んではおりましたが、実際に講演を拝聴し衝撃的な事もたくさんありました。

内容について少しご紹介します。(実際は論文などを用いてのお話でしたが、ロカボの内容のみ記載します)

ロカボとは1食で摂取する糖質量を20~40gとし、プラス1日10gの糖質を間食から摂取することを提唱しています。

これ以外の制限はないので、おかずはいくら食べてもよいそうです。

ちなみに糖質20gはご飯に換算すると約50g、茶碗1/3程の量に相当します

先生の病院では主食を70gに設定し、1800kcal/日 脂質エネルギー比は45%。そして、不足分は各自院内のコンビニで購入し、申告することになっているそうです!

 

しばらく病院給食から遠ざかっている私ですが、この設定で献立を立てる管理栄養士は大変だろうな。。。入院時食事療養費は1食最大766円(算定要件をすべて満たす場合)、食材費はもちろん人件費や光熱費も含めやりくりできるのか…。とそんなことを思いながら拝聴しておりました。

 

食事療法の方法については、色々な事が言われています。エビデンスが大事である事は事実ですが、どんな方法が最適なのかは個人により異なるため、生活習慣や生活環境も踏まえた支援の必要性について改めて考える機会となりました。

管理栄養士は医師の指示のもと栄養食事指導を行う職種ですので、主治医である当院の先生方と相談しながらおひとりおひとりに適した支援ができるよう、考えていきたいと思います。

実は立て続けに、もう一つ糖尿病療養支援の研修会に参加しましたので次回ご報告させていただきます。

ありがとうございます!

すっかりご無沙汰しております。管理栄養士の南です。

 

秋から公私ともに忙しく、怒涛の日々を過ごしております。

気が付けば12月も下旬となり2018年も残りわずかとなりました。

今月の栄養相談では皆様へ今年1年のまとめのお話をさせていただいておりますが、

私個人としてはまだまだやり残していることが多々あり(おもに自宅の大掃除…)

このまま年は越せません。ラストスパートに期待です!

 

さて、当院では横浜市国民健康保険の特定保健指導を実施しております。

昨年度より開始し、2年目の今年はおかげさまで現在昨年よりも多くの方にご利用

していただいております。

保健指導を終了された方よりうれしいお手紙をいただきました。本当に励みに

なります。掲載の許可もいただきましたのでご紹介させていただきました。

ありがとうございました!(^^)!

 

今年も残すところわずかとなりましたが、年末27日には今年最後の健康教室

があります。年末のお忙しい時期とは思いますが皆様お誘い合わせの上お気軽に

お越しください。

 

第25回たちばな台健康教室

止まらないその咳、本当に風邪ですか?

~長引く咳や息切れにはご注意を!~

 

講師:たちばな台クリニック 院長 山嵜 継敬 先生

日時:12月27日 午前10:00~ たちばな台クリニック4階

 

 

★ハロウィンイベントを行いました★

医事課の甲斐です。

 

今年も10月31日にハロウィンにちなんで、クリニックを受診していただいたお子様に

数量限定でシールと消しゴムのプレゼントをご用意致しました。

今回も数が限られていたのでよろこんでいただけるかとても不安でしたが、皆さんとてもよろこんでくださり、あっという間に無くなりました。

来年も開催したいと思っています。

 

ブログ掲載に際し、快くご承諾いただきましてありがとうございました。

 

 

 

;